このページの先頭へ

ケーブルマシンで筋肉をオールアウトさせよう!効果的なやり方を伝授します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

ケーブルマシン実践のススメと効果・特徴を解説。

 

ケーブルマシン種目一覧

 

※種目は現在製作中です。どしどし公開予定!お待ちください。

 

 

 

 

【話題の記事】


 

 

ケーブルマシンのすすめ。

ケーブルマシンを実践する男性。

 

 

スポンサーリンク

 


ケーブルマシンをご存じでしょうか?
ジムに行けば置いてあることが多いマシンだと思います。
上から引くハイプーリー・下から引くロープーリーがあり、
多様な種目を実践することが出来ます。

 

 

アイソレーション動作という、1つの関節のみ動員するので、
最後の追い込みに適していますよ。

 

 

最大の特長は、ケーブルを限界まで引っ張ることによって、
筋肉の収縮を最大限高めることですね。
これは結構重要で、筋肥大を持続させるには、
筋肉に大きな負荷をかけ続けなければなりません。

 

 

普段の種目の最後に実践することで、筋肉を追い込むことができるのです。
オールアウトは筋トレの基本中の基本です。特にバルクアップにおいては。

 

 

さて、筋トレと言えば、ダンベルやバーベルを使用したフリーウエイトトレーニング・
マシンを利用したマシントレーニングが代表的ですね。
どちらもメリット・デメリットはありますが、大きく分けてこの2つ。
これらを効率的に総動員させながら、全身のバルクアップを実現させていきます。
⇒フリーウエイト・マシントレーニングの違い・特徴を解説!

 

 

あなたが出来る環境にあるのであれば、
その中にケーブルマシンを織り交ぜてみてはいかがでしょうか。
ケーブルマシンは使い用途は様々、正しく使えば非常に有効な手段です。

 

 

筋肥大に悩んでいる方・メイン種目での重量停滞などに、
どんどん実践していくことをおススメします。

 

ケーブルマシンの活用方法

 

上記にも記載しましたが、
「筋肉の最後の追い込み」として適している種目です。
つまり各筋肉に補助種目として設定し、メイン種目を終えた後に実践するのです。
それによって、筋肉に相当の負荷がかかり、オールアウト出来る可能性が高くなりますね。

 

 

初心者の方は、まずフォームを身につけ、
各筋肉に「しっかり効いているか」を確認しながら練習しましょう。

 

 

ケーブルなので、マシンのように軌道が一定ではありません。
効かせられるか、効かせられないかは全て自分の「動き」次第なんです。

 

 

中級者以上は筋トレに慣れていて、
各種目での筋肉へ効かせるコツが分かっているはずなので、
スムーズに取り組めるはずです。

 

 

今まで取り組んでいなかった方は、騙されたと思って実践して下さい。
正しくやれば、必ず良い成果が出ます。

 

 

実践のメリット

 

軌道が一定ではない為、体幹を鍛えられる。

マシントレーニングと違い、軌道が一定ではないので、
フォーム維持に関わる体幹を鍛えられます。

 

特に、マシン中心で実践している方は体幹を鍛えられていない場合があります。
ですので、マシンをメイン・補助でケーブルを実践することで、非常に相性がいいんですね。
ぜひ、実践してほしいと思います。

 

幅広い種目が出来る!

様々な種目が出来て、ほぼ全身を鍛えることが出来ます。
自分の弱点・また力を入れている筋肉など、ピンポイントで効かせることが可能ですよ。

 

比較的安全にトレーニング可能。

どんな筋トレにも怪我をする可能性はありますが、、
ケーブルはダンベルやバーベルを持たないので、落下による事故は防止できます。
フリーウエイトトレーニングと同様、軌道は自分でコントロールしますが、
この不注意な事故が少ないことはメリットですね。

 

なぜわざわざケーブルトレーニングを取り入れる?

 

ケーブルトレーニングを補助種目として活用できると上述しました。
でも、フリーウエイトなら、その中で他の種目を実践すればいいんじゃないの?
と思うかもしれません。

 

 

フリーウエイトはその特性上、
主動筋(鍛えたい筋肉)以外の補助筋も一緒に鍛えられてしまいます。
先に補助筋が疲弊してしまい、トレーニングの質や回数がこなせなくなります。
結果、主動筋を追い込むことが出来なくなるんですね。

 

 

主動筋をマシンで追い込むのも、もちろん有りです。
ただ、軌道が一定な分、物足りなさがある「かも」しれません。

 

 

ケーブルマシンでしたら、1つの関節のみ動員のアイソレーション動作ですので、
主動筋のみを徹底的に鍛えあげることが出来ますよ。

 

なるべく軽重量・高Repsで。

 

ケーブルマシンは追い込みに特化して実践すべきです。
種目にもよりますが、あまり高重量を扱うことが出来ない特徴があります。
ですので、「軽い重量で高回数の実践」が良いでしょう。

 

メイン種目には適さないので、メインには設定しないようにして下さい。
筋肉を追い込む為に、ケーブルマシンを取り入れることを忘れないで下さいね。

 

 

具体的には、フリーウエイトではしっかりと高重量を3〜5セット。
最後の1〜2セットにケーブルマシン種目を取り入れます。
大体1セット15〜20Reps(反復回数)行いましょう。
回数は目安ですので、あくまでも自分の限界まで追い込んで下さい。

 

 

⇒1杯で高タンパク摂取可能。全米No.1プロテイン。




スポンサーリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


ケーブルマシン種目大集合!実践のススメと効果・特徴を徹底解説。記事一覧

ケーブルローの正しいやり方。広背筋をケーブルマシンで鍛え抜け!

広背筋の筋トレ、シーテッド・ケーブルロウの具体的なやり方・効果を解説しています!追い込みトレーニングで分厚い背中を手に入れろ!

≫続きを読む

ケーブルクロスオーバーで大胸筋を追い込む、「最も正しいやり方」。

ケーブルクロスオーバーを実践する男性。 ケーブルクロスオーバーは大胸筋肥大に役立つ筋トレ種目!他の種目との違い・効果・具体的フォーム・注意点を徹底解説しています(動画も紹介)!トレーニング最後の追い込みとして活用しましょう!

≫続きを読む

ケーブルクランチで腹筋をバキバキに!「正しいやり方・効果。」

ケーブルクランチを実践する男性。 ケーブルクランチの具体的なフォーム・効果・注意点を解説しています!シックスパックを作ろう。

≫続きを読む

ケーブルカールで上腕二頭筋をいじめ抜け!筋肉痛必至のトレーニング。

ケーブルカールを実践する男性。 ケーブルマシンでアームカールが出来る!最大限のストレッチ・収縮で上腕二頭筋を追い込もう!

≫続きを読む