「風邪ひいた!筋トレどうしよう!!」そんな時の対処法は?

風邪をひいたときは筋トレすべきか?

外でトレーニングする男性

 


今回の話題は筋トレと風邪です。
風邪は全ての方にリスクがあり、予期せぬことですね。

 

筋トレは「習慣」ですので、風邪はその習慣を乱す要因の1つと言えます。

 

 

私は、風邪をひいたときに筋トレはすべきなのか?という質問に、
「体を休めて下さい」と答えます。

 

 

トレーニングが習慣になっている人は、トレーニングを辞めるなんてことは、
不安になりますし、もったいない気分になりますよね。

 

 

私も昔は特に嫌だったですし、今でも嫌です。(笑)

 

 

「筋肉落ちないかな?」とか、
「出来なかった分がもったいないな」とか、
色々不安に思うことはあります。

 

 

ただ、、

 

 

風邪をひいている中での筋トレは
デメリットはありますが、メリットはほとんどないです。

 

 

むしろ、きっぱり諦めて回復に専念した方が、良い結果が得られます。

 

 

筋トレはいわば、体が無理をしている状況です。
本来使わない力を最大限使って、痛めつける行為です。
言い方悪いですが、これは事実。

 

 

無理するからこそ、筋肉が大きくなるんですけどね!

 

 

今回は風邪時トレーニングのデメリットや、
風邪をひいた時のカタボリック対策を解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

風邪時トレーニングのデメリットとは?

 

風邪をひいている時にトレーニングするのが、なぜダメか?
を説明する為に、デメリットを記載します。
これだけで、風邪の時は休みたくなるはずです。(笑)

 

風邪が悪化しやすい。

まずは、風邪が悪化しやすくなります。
ちなみに、これは実体験として経験が何度もあります。

 

熱こそないが、喉が痛かったり、鼻水出るなぁ~って時。
前までは、このレベルの風邪の時は筋トレしてました。

 

ただ、次の日、必ずと言って良いほど、
喉の痛みは悪化し、倦怠感マックスで、
ひどい時は熱も出始める始末。

 

これは何度も経験があります。

 

風邪のひき始め、風邪の治りかけ、
どんな時でも違和感があったら休むべきです。

 

断言します。

 

休んで、治してから筋トレした方が、結果出ますよ!

 

トレーニングに集中できない。

筋トレをしている人は分かると思いますが、
風邪の時は頭がぼーっとしており、普段よりも筋トレに集中出来ません。

 

筋トレは集中力が非常に重要で、集中できるかどうかで、
筋肉を追い込めるか追い込めないかが決まります。

 

せっかくトレーニングするんだったら結果が欲しいですよね。

 

しっかり頭が働いている時が、最も結果が出る時なんです。

 

全力を出せない。

風邪をひいている時の体は、もちろん弱っています。

 

ウイルスと言う外敵から身を守る為、
体はその対応を必死に行っている状況です。

 

こんな時に筋トレをして、本当に普段通りの重量が持てるでしょうか?

 

答えはNO!

 

どんなに軽い風邪でも、体は弱ってますので、
全力は出せないはずです。

 

 

 

 

まずはこの3つが挙げられますね。
もったいぶって、最大のデメリットは言わずにいます。(笑)

 

トレーニーが最も嫌うデメリットを下記で解説してますので、参考にして下さい^^

 

 

【最大のデメリット】カタボリックを起こす。

 

最大のデメリットはカタボリックを起こしてしまうことですね。
カタボリックとは、筋肉分解のことであり、
文字通り、筋肥大どころか筋肉を減らしてしまいます。

 

 

カタボリックは違う記事で解説していますが、簡単に言うと、

 

「筋肉がエネルギーを得る為、筋肉を分解していること」です。

 

カタボリックが起こる原因は、

 

  • 栄養不足。
  • 運動により、大きなエネルギーを必要とする時。
  • 体調不良等で、エネルギーを必要とする時。

 

主な要因としては上記が挙がります。

 

 

風邪は主に、3番目に該当しますね。

 

 

ウイルスから体を守る為、体は栄養を必要とします。

 

 

風邪でたたでさえ、栄養が必要な時に激しい運動をするとどうなるか?
更に栄養を欲しがりますよね。

 

そして、せっかく壊した筋繊維に栄養がいかず、
筋肉分解が進み、逆に減ってしまう現象が起こるのです。

 

 

せっかくトレーニングしても、効果はいまひとつで終わってしまうでしょう。

 

 

これが、風邪時トレーニングの最大のデメリットです。
絶対回復させてから、筋トレした方が効果が出そうですよね?

 

⇒カタボリックを防げ!筋肥大には筋肉を減らさない視点も必要だ。

 

 

カタボリックの反対の意味でアナボリックがありますが、
これはたんぱく質を取りこんで、筋肉を生成している状態のこと。

 

 

そもそも、、風邪の時はこのアナボリックする力が体にはない為、
筋トレをしても普段より効果がないということになります。

 

⇒筋肥大が超加速する、最高な「アナボリック状態」の作り方。

 

 

風邪の時にやるべきこと

 

風邪の時に休むのは当然として、
出来る限り筋肉を落とさない方法は、適切な食事です。
風邪の時こそ、食事が重要なのです。

 

 

出来る限り、筋肉のカタボリックを防ぐ食事摂取を
心がけて下さい。

 

 

カロリーをしっかり摂る。

まず、摂取カロリーを普段より落とし過ぎない事です。
体もだるくて、食欲も普段よりは落ちていますが、
食べなさ過ぎて摂取カロリーを落とし過ぎると、
筋肉量は減ってしまいます。

 

出来る限り、普段の摂取カロリーから落とし過ぎないように
注意して下さい。

 

ただ、食べたら吐いてしまうレベルなら、仕方ないでしょう。

 

一度に大量に摂取するのではなく、普段よりも
食事回数を増やし、摂取すると楽ですね。

 

経験上、減量期だろうがなんだろうが、
風邪の時に沢山食べたとしても、脂肪などに変化はないです。

 

体は動かしませんが、特にその辺は気にしなくて良いと思います。

 

たんぱく質をしっかり摂取。

たんぱく質をしっかり与えて下さい。
食事からだとお肉や魚などが挙がりますが、
コンビニのササミとかだと食べやすいかな?と思います。

 

唐揚げを食べる気にはならないと思うので…。(笑)

 

また、プロテインは風邪の時も非常に有効なサプリメントとなります。

 

手軽に摂りたいのであれば、どんどん摂取しましょう。

 

体重×2までは摂らなくても良いので、
出来る限りたんぱく質の摂取を心がけましょう。

 

 

 

 

ポイントは炭水化物とタンパク質。
この2つは確実に摂取できるように努力しましょう。

 

 

風邪を速く治す栄養摂取とは?

 

風邪を素早く治す為の、栄養摂取を考えてみます。
代表的な栄養を挙げてみましょう。

 

【ビタミンC】

 

まぁ、王道ですね。
コンビニに売ってる風邪に効くドリンクには必ずと言って良いほど入ってます。

 

ビタミンCは白血球内に含まれており、
免疫の源となる栄養分です。

 

予防にももちろん効果的ですし、
風邪を引いたときにしっかり摂取することで
免疫力を強化できます。

 

 

【グルタミン】

 

アミノ酸の一種で、非必須アミノ酸の一種です。
非必須アミノ酸は体内で作れるアミノ酸のことで、
外部から摂取しなくても体が作れるんですね。

 

 

「回復」に特化したアミノ酸で、
病気・大きな怪我・疲労など、身体的な問題に対して、
必ずと言って良いほど消費される重要なものです。

 

 

グルタミンを摂取できると、
筋肉のアナボリック効果・消化器官の活動力向上、
免疫力向上効果を期待でき、風邪にも有効なアミノ酸となっています。

 

 

ぜひ、サプリメント等で摂取することをおススメします。
プロテインにも含有されてますよ。

 

⇒グルタミンの効果を体感せよ!抗カタボリックにもなる重要アミノ酸。

 

 

 

風邪は予防が第一。
あくまでも今回の記事は風邪をひいた時の適切な対処です。