このページの先頭へ

筋トレの最適な間隔と、筋肉量・筋力低下の日数について解説しています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

筋肥大に最適な筋トレ頻度、筋肉が落ち始める期間は?

 

筋トレの、最適な頻度は週何回か?

腕立て伏せをする男性

 

 


筋トレをしていて、
「週何回の筋トレが効果的なのか?」を、
気になっている人が多いのではないでしょうか。

 

 

仕事が忙しい人・比較的時間がとれる人・学生、
様々な人がいますし、筋トレが出来る時間も人それぞれですよね。

 

 

私は今もサラリーマンをしていますが、
筋トレの頻度については、昔も今もずっと気にしています。

 

 

そして、多くの土地で多くのトレーニーと交流し、得た答えは一つです。

 

 

「筋トレが週1でも週2でもマッチョになれる。」

 

 

これです。安心しましたか?

 

 

ただし、週1の筋トレよりも週2の筋トレの方が肥大が速いです。
結果が速いか・遅いか、この差が大きな違いでしょう。

 

 

速く結果が欲しいとなれば、筋トレの頻度を増やした方が良いということです。

 

 

筋肥大に最適なトレーニング回数は週2回!

 

筋肥大に適したトレーニング回数は「週2回」です。
もちろん、同じ筋肉の部位を週2回という意味合いです。

 

 

こちらは超回復が関係しています。

 

 

超回復は筋繊維が破壊されて、修復されることを言います。
筋繊維は筋トレによって負荷を与え、破壊されますよね。

 

 

そして破壊された筋肉は、48〜72時間をかけて修復されます。
修復された筋肉は少し大きくなっています。

 

 

つまり、超回復が終わった直後に筋トレを始める事で、
隙間なく筋肥大を実現できるということです。

 

 

48〜72時間と書きましたが、完全に回復し終えてから筋トレをしないと、
効率よく筋肥大出来ません。

 

 

72時間筋肉に休養を与え、また筋トレを始める。
つまり、「週2回」なんですね。

 

 

筋肉痛が治るのもこの時期と同じくらいですから、
筋肉痛が治ってから筋トレを始めるのも良いですよ。

 

 

逆に72時間たっても筋肉痛が治ってなければ、筋トレは控えてください。
⇒筋肉痛と筋トレの関係性については、こちらで解説しています。

 

 

週2回の筋トレがベストな理由は、超回復が終わった直後に行う為。
筋肉痛の治りを目安に筋トレを始めても良い。
筋肉痛が治っていない場合は、72時間たっても筋トレを控える。

 

 

もちろん、48時間を目安に筋トレをしてはいけない訳ではないです。
筋肉の回復が終わった直後の筋トレで、隙間なく筋肥大を実現できますので。

 

 

ただ、週2回の筋トレでもタイミングは良いと思いますし、
時間的にもベストかなと思っています。

 

 

筆者目線!加圧シャツNo.1の効果は伊達じゃない。【金剛筋シャツ】


加圧シャツ市場No.1の金剛筋シャツを、筆者目線で徹底評価。筋トレライフに+αを。


by 365日後の理想の体

 

 

スポンサーリンク

 

私、週1回の筋トレしかできないんだけど・・・。

 

日々忙しく、週2回も筋トレが出来ない人もいると思います。
私も仕事の繁忙期は、筋トレが週1回になります。
それは昔も今も変わりません。

 

 

週1回の筋トレは、週2回のトレーニングよりも筋肥大は間違いなく遅いです。
ですが、筋肉は努力を裏切りません。
長い時間をかけて、理想の体を実現したい方は、週1回でも続けましょうね。

 

 

週1回の筋トレで、必要不可欠なことがあります。

 

 

「必ず、トレーニングする部位を追い込む。」

 

 

これを必ず守って下さい。
週2回でももちろん必要な要素ですが、週1回だと特に大切になります。

 

 

怪我するほどのオーバートレーニングはいけませんが、
1日しっかり、時間をとり、なるべく全身を追い込みましょう。
次の日は筋肉痛でやられますが・・・(笑)。

 

 

72時間前後、筋肉痛が続く疲労度が効果的です。
中々、自分の体でも分からない部分だと思いますが、
どの程度のトレーニングで、筋肉痛が何日続くかは「経験」です。

 

 

トレーニング内容は計画を立てて、心はがむしゃらにやりましょう。

 

⇒筋トレが週1度の人は、加圧シャツで筋トレ状態を維持しましょう。

 

 

筋肉は、筋トレを何日しないと落ちるのか?

ダンベル運動をする男性

 

筋肉が落ちてくる日数、
これ、気になる事だと思います。
急な風邪、出張、旅行・・・。
人は急な用事が出来るものですよね。

 

 

「筋トレが出来ない!!!!」

 

 

こんな不安に襲われると思います。
私は初心者の頃、いつも不安でした。

 

 

転勤族で、いつも実家に帰る時は1週間。近くにジムはありません。

 

 

でも、筋肉は思っていたより、いや全然減りませんでした。

 

 

長くトレーニーさんと関わっていると、
「1〜2週間は筋肉が落ちない。」
よく言っています。そして、私の筋肉が物語っています。

 

 

心配しないで下さい。
2週間筋トレをしなくても筋肉が大きく落ちる事はありませんよ。

 

 

筋肉が減っていく過程とは?

 

 

まず長く筋トレを休むと、「筋肉そのもの」は減りません。
力を出すこと、つまり「筋力」から落ちるということです。

 

 

筋肉を使う頻度が少なくなっている為、筋肉が眠っている状態ですね。

 

 

この状態で、今までの同条件での筋トレを再開すると、
いつもよりも回数ができなかったり重量が普段よりも重く感じます。

 

 

ですが、この状態は1〜2回のトレーニングで元に戻ります。

 

 

ですので、筋力低下は何も問題ないことを覚えておきましょう。

 

 

その後、もし筋トレを引き続きしなかった場合、
今度は筋肉自体が落ちていきます。

 

 

重たい負荷がこなくなった筋肉は、必要のない筋肉を落とします。
この場合は、またトレーニングをしっかりして筋肉を肥大させなければなりません。
つまり、時間がかかります。

 

 

ただし、長く筋トレをしている人ほど、筋肉量が元に戻るのは速いですよ。
筋肉は一度肥大した状況を覚えているかのように、みるみる大きくなります。

 

 

個人差はありますが、2〜4週間で筋肉量が落ちてくると考えています。
神経質にならずに、休む時は休んでも構わない、という気持ちでいましょう!

 

 

【効率No.1プロテイン】ビルドメイク24で筋肥大が加速。


HMB含有ホエイ+ソイミックスプロテイン。次世代型ハイブリットプロテインで、筋肥大が加速できる!


by 365日後の理想の体

 

 

スポンサーリンク

 

週1ジムの人は、自重トレーニングも追加!

 

週一回しかウエイトトレーニングが出来ない場合は、
「自重トレーニング」を自宅で行いましょう。
これによって、筋肥大が速く起こる可能性があります。

 

 

自宅でも行うので、ウエイトトレーニングよりは負荷は落ちますが、
出来るだけ負荷を上げ、筋肥大を起こすのです。

 

 

 

上記のトレーニングなら、あなたが持っているアイテムにもよりますが、
出来ると思います。

 

「とにかく負荷を上げること」を考えて下さい。
どうしても軽い重量になってしまうと思いますが、
「1Repを非常にゆっくりやる」事で、負荷は通常よりも上がります。

 

 

加圧シャツなどで、毎日筋肉をドローイング状態(筋トレ状態)にし、
普段から負荷を掛けることも効果的です。

 

 

【話題の記事】




スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


超回復・RM法・インターバルについて解説!筋トレ必須知識だ!

筋肥大に最も大切な、超回復・RM法・インターバルについて解説しています!最速で筋肥大を目指すあなたに不可欠な知識です。

≫続きを読む

筋トレする時の、筋肉別の順番。「正しい鍛える順序」を教えます!

バーベルを持っている男性。 基本は大きい筋肉から小さい筋肉。筋肉の大きさが、筋トレの順番を決めます!部位別のトレーニングの順番を解説しています!

≫続きを読む

筋トレ時の「基礎」呼吸法!「効率が変わる」「息があがらない」。

有酸素運動している男性。 トレーニング時の呼吸法について解説しています!呼吸はテクニックです。呼吸1つで筋トレのパフォーマンスが飛躍的に変わります!特に高負荷トレーニングでは不可欠ですよ!

≫続きを読む

「筋肥大だけ」を目指すなら、筋トレと有酸素運動はどちらが先か!?

有酸素運動・無酸素運動の解説と、筋肥大との関係性をまとめています。

≫続きを読む

怪我防止・筋トレ効率を上げる為の、2種類のストレッチ方法を解説!

動的ストレッチ・静的ストレッチについての解説です。筋トレのパフォーマンスが上がります!

≫続きを読む

筋肥大に効果的な、ウェイトリダクション・ドロップセット法を解説。

筋トレしている人。 ウェイトリダクション・ドロップセット法の具体的なやり方を解説!筋肥大に効果的なトレーニング手法ですよ!

≫続きを読む

筋肥大したい人の為の、筋肉痛との付き合い方。超回復の「目安」!

筋肉痛で痛がる人。 筋肉痛について解説しています!筋肥大の為に、筋肉痛と超回復の関係性についてまとめました!

≫続きを読む

筋トレとタバコとの関係性。筋肥大への影響とは!?

たばこを吸おうとしている男性。 筋肥大のたばこの影響についてまとめています。喫煙者の方必見!

≫続きを読む

筋肥大に最適な筋トレ頻度は週2回!そして筋肉が落ち始める期間は?

筋トレの最適な頻度や、筋肉量・筋力低下の日数などを解説しています!

≫続きを読む

マシントレーニング・フリーウエイトの違い!筋肥大に効くのは?

トレーニングマシンとフリーウエイト種目の違いを、それぞれの特徴を紹介しながら解説しています!

≫続きを読む

筋トレのアルコール摂取による影響とは!?飲酒する時の3つの約束。

筋肥大・筋トレに対するアルコール摂取の影響をまとめています!お酒が好きな方は必見!

≫続きを読む

減量しつつ筋トレをして、マッチョ体型を実現する具体的方法とは!?

体型が変わっていく男性 体脂肪・体重が多い方に、マッチョ体型を目指した食事・運動法を解説しています!体脂肪率を効率的に減らそう!

≫続きを読む

誰でも起こる!?でも悩むな!筋トレ停滞期の乗り越え方!

悩む男性。 筋トレをしていると、重量が伸びない・筋肥大が進まない等の停滞期(プラトー)が起こります。その打破方法を解説しています!

≫続きを読む

4ステップで筋トレを継続させる!モチベーションアップの秘訣を解説。

トレーニング後休んでいる人。 挫折なんてもったいない!モチベーションアップを軸に筋トレを続けるコツを解説しています!

≫続きを読む

インナーマッスルとアウターマッスルの違い・特徴・筋トレ法を解説!

体幹トレーニングをする男性。 筋肉にはインナーマッスル・アウターマッスルがあります!その特徴・違い・トレーニング手法を解説しています!

≫続きを読む

筋肉が喜ぶ!テストステロンを増やす具体的筋トレ方法を解説!

テストステロン 筋肉合成を促すテストステロン。筋トレでの効率的な増やし方を解説しています!

≫続きを読む

テストステロンを増やす食事・栄養。筋肥大にはこのホルモンを増やせ!

テストステロン 筋トレ効果を最大限高める為、テストステロンを増やそう!筋トレ以外でも、食事でこのホルモンを高めることができます!

≫続きを読む

バルサルバ法は筋トレの呼吸テクニック!血圧への影響・効果を解説!

ウエイトトレーニングをする男性。 バルサルバ法のやり方・効果・注意点・血圧への影響をまとめています!筋肉トレーニングにおける、呼吸法の応用です!

≫続きを読む

筋トレのスーパーセット法の効果・種目事例・やり方を「徹底解説!」

ウエイトトレーニングをする男性。 筋トレのスーパーセット法を「徹底解説」。種目・やり方・効果など、トレーニングがはかどる手法です!

≫続きを読む

筋トレのジャイアントセット法!効果・種目例・やり方を「徹底解説」。

ウエイトトレーニングをする男性。 停滞期(プラトー)打破・筋肥大におすすめする手法、ジャイアントセット法の解説です。1つの筋肉に4種目で攻める、効率的な手法!具体的なやり方を解説しています。

≫続きを読む

コンパウンドセット法で筋肥大を加速!効果・やり方・種目例を解説。

ウエイトトレーニングをする男性。 いち早くマッチョになる為の筋トレ手法、コンパウンドセット法を解説!停滞期(プラトー)打破や、筋肥大を加速させるやり方です。

≫続きを読む

筋トレ直後の入浴は厳禁?「そんなことない、風呂は良い影響。」

風呂に入る男性。 検索で「筋トレ 入浴」と入力すると、「厳禁」の文字が。そんなことないです。私はずっと入浴してきました。筋トレ直後のお風呂による、影響をまとめています!

≫続きを読む

カタボリックを防げ!筋肥大には筋肉を減らさない視点も必要だ。

プロテインを持つ男性。 カタボリックを可能な限り防げ!アンチカタボリックできんひだいを加速させよう。

≫続きを読む

筋肥大が超加速する、最高な「アナボリック状態」の作り方。

サプリメントを持つ男性。 アナボリックな状態を維持すると筋肥大が加速する!効果やアナボリックを維持する方法を解説!

≫続きを読む

オールアウトで最大限の成果を!筋肥大効果を上げよう。

プロテインを持つ男性。 ただの追い込みではなく、オールアウト!全て出し切ることで、筋トレ効果が最大限上がります!具体的なやり方を解説しています。

≫続きを読む

伸張性収縮(エキセントリック収縮)とは?科学的に筋トレを知ろう。

運動している人体図。 エキセントリック収縮について解説しています!筋肥大には非常に適した鍛え方です!

≫続きを読む

「風邪ひいた!筋トレどうしよう!!」そんな時の対処法は?

外でトレーニングする男性 風邪をひいた時、筋トレをして良いのか?もし風邪をひいてしまった時の「適切」な対処法を解説しています!

≫続きを読む