筋トレとタバコとの関係性。筋肥大への影響とは!?

筋トレに及ぼす、たばこの影響はあるのか?

たばこを吸おうとしている男性。

 

 


あなたはたばこを吸っていますか?
喫煙者の方が気になることは、
「喫煙は筋肥大に影響あるのか?」ということだと思います。
答えは「YES」です。

 

 

そもそもたばこは、吸っているだけで健康への悪影響が指摘されています。
ただでさえ、体に悪影響があるのに、
運動に影響が全くないとは言えないですよね。

 

 

これから具体的な悪影響を書いていきますが、その前に正直に言います。

 

私も喫煙者でした(笑)。

 

もちろん、筋トレもバリバリやってましたし、筋肥大もしました。

 

 

私の友人で、
喫煙・飲酒大好きでベンチプレス140kg以上が出来るマッチョもいます。

 

 

悪影響は確かにある、ですが体に何も変化がないわけではありません。
むしろしっかりトレーニングを積めば、筋肥大は「確実に」実現できます。

 

 

むしろ、運動能力(呼吸等)への影響は大きいと思いますが、
筋肉の肥大のみを考えた時、影響はほとんどないと思っても良いです!

 

 

喫煙は健康に悪いですが、このサイトは禁煙頑張ろう!のサイトではありませんので、
たばこをやめろとは言いません。

 

 

ただ、具体的な影響を分かった上でトレーニングをすると
何も知らないより、精神的に楽かもしれませんね(笑)。

 

スポンサーリンク

 

呼吸機能低下=酸素不足=喫煙=回復が遅くなる。

 

喫煙は酸素不足を招きます。
肺の呼吸機能低下により、酸素の取り込み量が減少する為です。

 

 

これは有酸素・無酸素運動ともに影響大ですね。
有酸素運動は、もちろん酸素を必要とする運動の一つです。
⇒有酸素運動・無酸素運動について詳しく解説!

 

 

無酸素運動は、運動に酸素を必要とはしませんが、
筋トレをしたら息があがりませんか?(笑)
必要としないのは、運動の性質であって
人間にはそもそも酸素が必要ですよね。

 

 

つまり、人よりも酸素を取り込む量が少ないので
「呼吸の安定が遅れます。」

 

 

筋トレの1セットを終え、1分のインターバルに入って2セット目。
次のセットに入る前に呼吸を整えておかなければなりませんね。

 

 

筋トレは「最大限の力で実施する」ことが基本中の基本です。
呼吸が乱れているのに、全力なんて絶対出せませんよね。

 

 

筋肥大に適したインターバルは1分~1分半です。
この時間は結構短く、種目によりますが呼吸を整えるのが難しいです。

 

 

これが目に見えて、一番の影響かもしれません。

 

 

筋肉への栄養供給低下を招きます。

 

喫煙は、血液の循環を悪くします。
喫煙者は、よく肩コリ・手足の冷え症などを抱えているのではないでしょうか?
これは血液循環の悪化による症状の例ですね。

 

 

そして、「栄養」も血液により運ばれています。
「血液の循環が悪い=栄養が行き届きにくい」
これが成り立ちます。

 

 

筋肉には言わずとも、栄養が必要不可欠です。
トレーニング後は、適切な休養と適切な栄養によって、筋肥大は加速します。
喫煙は、栄養をおろそかにしているようなものなんですね。

 

 

もちろん、全く栄養が届かない訳ではなく、
あくまでも届きにくいだけです。

 

 

適切な栄養管理を行っていれば、
非喫煙者よりも筋肥大が遅くても、肥大しないなんてことにはなりませんよ。

 

 

早く筋肥大を実現したいなら、禁煙するのが一番だとは思います。
たばこ吸っていると、食欲も湧きませんしね。
筋肉にとっては、良いことはなさそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

たばこ代をプロテイン代にしよう!

 

たばこは今高いですよね、一箱500円弱です。
たばこ10箱でプロテイン買えます(笑)。
1か月30箱と計算したら、プロテインが3つ買えます。

 

 

まして、プロテインは筋肉の為に出来た栄養素です。
たばことは対極の関係にあるわけです。

 

 

筋肥大を目指すなら、どちらが効率的か?はすぐに分かりますよね。

 

 

確かに喫煙者にとっては、たばこは大切です。私もそうでした。
ですが、もし本気で筋肥大を目指すのであれば、
禁煙の良い契機にすると良いかもしれませんよ。

 

⇒筋トレのアルコール摂取の影響も知っとこう。