「筋肥大だけ」を目指すなら、筋トレと有酸素運動はどちらが先か!?

有酸素運動と無酸素運動とは?まずは目的を知ろう!

有酸素運動をする男性

 

 


筋トレと有酸素運動、どちらを先に行うべきか。
目的にもよりますが、ここでは筋肥大をメインに考えていきたいと思います。

 

 

  • 有酸素運動とは、ウォーキング・ランニング等が代表的です。

    糖質・脂肪をエネルギーに変換する、比較的軽い運動の総称です。
    この運動は多くの酸素を必要とし、その酸素とともに糖質・脂肪が消費させます。

     

    「一定以上の負荷を体にかけ続け、長い運動を行う。」
    これを満たせば、有酸素運動と言えるでしょう。

  •  

     

  • 無酸素運動は、主に筋トレ・短距離走等です。

    有酸素運動と違い、
    酸素が少ない状況下でも、一時的に最大の能力を使用する運動のことです。
    基本的には高負荷のトレーニングであり、
    酸素は使用せず、主にグリコーゲンをエネルギーに変えて運動します。

 

 

ここで何が言いたいかと言うと、
有酸素運動は、酸素を使って、脂肪燃焼を目的としている事。
無酸素運動は、短時間で最大限の力を発揮する事を目的としています。

 

 

やみくもに運動せず、
あなたの目的に沿って、どちらの運動をするべきか認識しましょう。

 

 

このサイトは筋肥大を最大目標としています。
ただ、人によって目的も様々、または複数あると思います。
この二つの運動を効率よくこなし、理想の体を手っ取り早く手に入れてしまいましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

筋肥大には、有酸素・無酸素運動どちらを先にやるべきか?

 

筋肥大を目的とした場合、どちらを先にするべきでしょうか?
答えは簡単です。 無酸素運動ですよね。 つまり筋トレです。

 

 

筋肥大を目的とするべきなら無酸素運動(筋トレ)から始める。
脂肪燃焼等を目的とするなら有酸素運動から始める。

 

 

これで良いんです。
あくまでも自分が今一番やりたい事を優先するのです。

 

 

筋肥大には筋トレが必要です。
しかし、有酸素運動から実施して筋トレをすると、既に疲労が蓄積しています。
疲労がある中で、筋トレに全力を注げるでしょうか?
無理ですよね。

 

 

トレーニングの基本は、
「集中でき、かつ最大限の力を発揮できる状態で行う。」
これが基本です。 本当に大切です。
体も疲れますが、運動によって脳も疲れます。
このような状況で、筋肥大を目的としたトレーニングに集中できませんよね。

 

 

筋トレ⇒有酸素運動が筋肥大には正しいです。

 

 

「俺の場合!」と書いている画像
私は筋トレする日は一切有酸素運動を行いません。
既に述べたように、筋トレに最大限力を注ぎたいからです。

 

ただ、週4でジムに通っていた時は、
その内1回を有酸素運動のみに設定していました。
体脂肪率を下げる為です。 メリハリつけた運動がお勧めです。
ぜひ、良いトレーニング習慣をつけて下さいね。

 

有酸素運動は筋肉が減ってしまうのか?

 

よく聴かれる疑問ですね。 有酸素運動は筋肉を減少させるのか?

 

これに関しては非常に難しいです。私は大体こう答えます。
「個人差」です。笑

  • 筋トレを多く実施、有酸素運動をしない⇒筋肉肥大
  • 有酸素運動を多く実施、筋トレは適度⇒持久力アップ(筋肥大はしない)

 

 

有酸素運動が筋肉を分解することは事実です。
マラソンランナーではない限り、多くの練習量は避けた方がよさそうです。
私は週1日、有酸素運動のみの日を設定し、トレーニングを続けています。

 

 

しかし、筋肉が落ちた事はないし、
有酸素運動は絶対してはいけないという訳ではありません。
走りたい人だって結構いるでしょう。笑

 

 

安心して下さい!
過度なトレーニングをしない限り、いきなり見た目が変わる事はありません。
筋トレ比率>有酸素運動比率
これを出来ていれば筋肥大は実現できます。