このページの先頭へ

筋肥大の為に、サプリメントとプロテインはどちらが良いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

【筋肥大日記】サプリメントとプロテインはどっちが良いかなぁ。

 

サプリメントとプロテイン。

プロテインの英語表記。

 

スポンサーリンク

 


2017.1.29

 

※まず、この記事はアナボリック・カタボリックという言葉を頻繁に使います^^

 

  • アナボリック・・・たんぱく質合成のこと。「摂取した栄養を筋肉へ!」
  • カタボリック・・・たんぱく質分解のこと。「筋肉から栄養をとる!」

 

 

筋トレにはプロテインとサプリメントがありますよね。
僕はサプリメントとプロテインどちらも本当に大好きで、3ヶ月試しては辞め、
再び試しては辞めを繰り返してきたんです。

 

 

DCCなどのオールインワンサプリメントやEAA・BCAA単体物、
プロテインも国内・海外、様々試してきています。
効果をなるべく検証する為、併用はしたことありませんでした。
もちろん、研究者のように細かく検証したわけじゃないんですけどねっ。

 

⇒EAAで最高なアナボリックな状態を作ろう!

 

⇒BCAAでカタボリックを防ぐ。成分効果を徹底解説。

 

 

最近は併用を考えています。
やっぱり、サプリメントだけだと成分が限られてくるし、
プロテイン以上の成果が欲しい。わがままなんだけど。

 

 

プロテイン・サプリメントの「メリット・デメリット」を考えてみようと思います。
なんかデメリットなんてほとんどないような気がしますが!

 

 

プロテインのメリット・デメリット

 

プロテインのメリットは、やはり筋肉の為の主要成分は全て入っていることですかね。
とりあえず一個もっとけば、安心!みたいなとこはあります。
ホエイ・ガゼイン・ソイ三種類ありますが、
僕はホエイプロテインですかね。やはり、ハードなトレーニングをするので、
吸収は出来る限り早い方が良い。

 

 

EAA(必須アミノ酸)・BCAA・その他非必須アミノ酸まで、
プロテインは全て含有してますもんね。
デメリットはほとんどないですが、あえて挙げるとすれば、、、

 

「サプリメントよりも吸収が遅い」「シェイクめんどくさい」くらいでしょうか(笑)。

 

 

プロテインもカタボリック抑制・アナボリックな状態を作る為に存在します。
ただハードにトレーニングをするのであれば、足りない成分は出てくるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

サプリメントのメリット・デメリット

 

サプリメントのメリットは吸収力の高さ※にあります。
アミノ酸サプリメントが主流ですが、やはり体の即効性を考えるとNo.1でしょうかね。
トレーニング前中後にはこれ以上ないほど重宝します!

 

 

※たんぱく質→ペプチド→アミノ酸の順に分解される為、直接摂取で吸収が速い。

 

 

特にカタボリック抑制・アナボリックを進める為には即効性が大切だと思ってます。
「ハードなトレーニング中・後」が一番カタボリックが進みます。
せっかく鍛えているのにひどければ筋肉の減少まで進んでしまいます。
筋肥大という結果を速く出す為にカタボリックを出来るだけ抑制することが必要です。
カタボリックな状態は、一番作ってはいけません!

 

 

成分によっては、このカタボリックを最大限抑制できます。
また、カタボリックを抑制し、「アナボリックな状態」を作ることも可能です。
いち早く手を打つことが必要なんですね。

 

 

デメリットはコストが割高かな〜?と言うことですね。
割高だからこそ、無駄うちせず、
成分を調べて自分に合ったサプリメントを決めるべきです。

 

 

無駄打ちしまくってる僕が言うのは説得力ないですが。
まぁ、僕は好きでやってるんで。(笑)

 

 

「結局成分の効果を調べる⇒試してみる」が一番良い流れです。

 

 

結局どっちがいいのか?(笑)

 

メリット・デメリットを簡単に書きましたが、じゃあどうすればいいの?
ってなりますよね。
そして、デメリットあんま書いてないので、自分で書いてて迷走状態です。
実際、これには正解はないのですが・・・。

 

 

「筋肉を酷使するようなトレーニングではない場合、プロテイン1択」です。
プロテインは主要成分が全て濃縮されてますので、
たんぱく質摂取に関しては、プロテインのみで良いだろうと思います!

 

 

ただ、筋肉を酷使するようなトレーニングをする場合。
(全て3〜5セット以上・オールアウトさせる・全身鍛える・重量も限界で設定など。)

 

 

この場合は結局「併用」が一番かなと確信しています。
コストはかかりますが、絶対併用が良いですね。
プロテインで「主要成分」を一気に摂取、
「自分が狙いたい効果が出る」サプリメントを摂取。
これで筋肉に不足なく、栄養を与えることができますね。

 

 

  • プロテイン+BCAA
  • プロテイン+HMB
  • プロテイン+EAA
  • プロテイン+グルタミン
  • プロテイン+クレアチン

 

 

まだまだありますが、一応主要な成分を記載してみました!
アナボリック効果を狙うならEAAと、カタボリック抑制を狙うならBCAAやHMBなど、
自分の狙っている効果で併用することが望ましいですね。

 

⇒クレアチンで筋トレ効率アップ。限界まで筋肉を追い込める。

 

⇒HMB成分を徹底解説。抗カタボリック・アナボリックな状態へ。

 

 

 

併用がコスト的に無理なら、プロテインが良いのかな〜?と思います。
出来るだけ、一食分のたんぱく質量が多い商品を選んで下さい。
他社と差別化できている成分があるか否かでも選択できますね!

 

 

ただ、日々食事で十分なたんぱく質が摂れる場合(体重×2のg量)、
サプリメントでもよしとしましょう。
「トレーニングの日」に重点をおいて、サプリメントを摂取するのです。

 

 

参考にして下さい!

 

 

普段の食事も忘れないで!

 

サプリメント・プロテイン、もちろんあった方が良いですが、
これらって、実際「栄養補助食品」なんですよねぇ。
食事が一番基本なんです。
ですので、過度に頼りすぎず、普段の食事にもしっかり気を使って下さい。

 

 

結局炭水化物・たんぱく質・脂質をバランスよくとり、
増量したかったらオーバーカロリーに、減量したかったら摂取カロリーを減らす。
色んなところに気を使って初めて理想の体になれると思います。

 

 

あくまでも補助として、サプリメント・プロテインは考えましょうね!

 

⇒筋肥大の為だけを考えた、食事の基本。

 

 

 

【話題の記事】




スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


【筋肥大日記】サプリメントとプロテインはどっちが良いかなぁ。

プロテインの英語表記。 サプリメントとプロテインはどっちが良い?それとも併用か?どちらにも特長がありますので、特長を生かした摂取が大切です。

≫続きを読む

【筋肥大日記】美味しくないサプリメントの飲み方。(パウダー)

サプリメントパウダー アミノ酸パウダーサプリメントは美味しくないですよね。ただ効果は絶大な分、継続したいところ。今回は「味」に絞って、継続できる飲み方を紹介しています!筋トレ効果を下げる為にも、継続が何より大切です!

≫続きを読む

【筋肥大日記】バルクアップしたいけど、食べれないあなたに。

バルクアップした画像。 体を大きくする為には、とにかく食べることが大切です。中々増量がうまくいかない方へのアドバイスを書いてます!

≫続きを読む

【筋肥大日記】秋・冬でも筋トレしよう!この時期に筋肉貯金。

冬で筋トレしている人。 秋・冬は筋トレモチベーションが上がらないあなた!この時期こそ、来年の夏に向けて鍛え抜きましょう!

≫続きを読む