このページの先頭へ

非必須アミノ酸、グルタミンの効果・摂取方法・サプリメントを紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

グルタミンの効果を体感せよ!抗カタボリックにもなる重要アミノ酸。

 

グルタミンとは?

グルタミンテキスト。

 


グルタミンはアミノ酸の一種であり、非必須アミノ酸に分類されます。
非必須アミノ酸とは何か?
これは体内で生成できるアミノ酸の事で、外部からの摂取は必要ないものです。
が、重要な役割を果たしているアミノ酸も多く、役割を知ることによって
筋トレに生かすことが可能です。

 

 

骨格筋中に5〜6割存在している、人体の中でも重要なのがグルタミン。※
単体のサプリメントでも売り出されていますね。
プロテインにはもちろん、食材ではお肉や卵に含まれています。

 

※遊離アミノ酸の内の5〜6割。遊離アミノ酸はたんぱく質と結合していない単体アミノ酸。

 

 

グルタミンは効果上、直接的に筋肥大に影響するアミノ酸ではありませんが、
ハードな筋トレを行っているトレーニーには重宝する成分と言えます。
「回復作用」というのが、最も特長的なアミノ酸ですよ。

 

 

非必須アミノ酸とは言いますが、病気・大きな怪我・疲労など、
様々な身体的ストレスに対して大量に消費されるので、
必須アミノ酸・準必須アミノ酸として扱われることもあります。
それほど、「回復」に特化したアミノ酸と言えますね。

 

 

ちなみに、聞く事のある「グルタミン酸」とは違う成分です。

 

 

グルタミンは筋肥大に無意味!?

 

今では回復作用が主であると、知名度も上がっていますが、
未だに「筋肉がつく」と直接的表現ではないものの、
そのように思わせる「宣伝」を見ることがあります。

 

 

前述しましたが、グルタミンは筋肉の成長には関係ありません。
健康な人に対して、筋肥大効果が証明されていないんですね。
まずはそこを理解して下さい。

 

 

これはグルタミンの研究結果でも出ています。
ラットの実験や動物の生体外実験(細胞)等では、
グルタミンの筋肉への作用があったのですが、
実際に人が摂取してみると全く効果が出なかったというものです。

 

 

大部分が腸で使われることから、筋肉へは届かないのです。

 

 

ただし、筋肉の分解抑制には高い効果が期待できます。
「筋肉がつく」のではなく、「筋肉を落とさない」のです。
と言ってもこれは結構重要で、
筋肉は本当何もしなければ分解され、落ちます。

 

 

筋肉はいかに落とさずにつけるか。

 

これが重要です。

 

 

グルタミンの効果。

 

では、グルタミンはどのような作用があるのか?
具体的に解説していきます。

 

 

筋肉分解抑制

最も我々が欲しい効果の1つと言えます。筋肉分解抑制。
上述の通り、何らかの身体的ストレス(怪我・病気・激しい運動)の際に、
グルタミンは非常に多く消費されます。

 

 

もし、グルタミンが補給されずに消費だけされていたらどうなるでしょう?
筋肉からグルタミンを生成し、それを消費せざるを得なくなります。
つまり筋肉の分解が進みます。

 

 

高熱を出して数日寝込んだ時、体がガリガリになった経験はありませんか?
それが、筋肉分解です。
もちろん、分解されるのはグルタミンだけではないですが、
体内に占める遊離アミノ酸の5〜6割を占めるので、影響は大きいです。

 

 

しっかり失われたグルタミンを体内で作るのではなく、
「摂取」が非常に重要になってくることが分かりますね。

 

 

「アンチカタボリック」に最適です。

 

免疫力向上。

 

免疫力向上に役立ちます。
ほとんどが消化器官で使用されてしまいますが、
免疫向上=コンディションアップ・維持に役立ちます。

 

 

ほとんどが消化器官で消費されます。
ウイルスなどの侵入を防止する為のエネルギー源として活用されます。
ハードなトレーニングをする人にとっては重宝しますね。

 

傷の修復作用。

 

傷を治す際には、免疫細胞が必要。この免疫細胞のエネルギー源となるのがグルタミン。
傷の修復とは、我々トレーニーにとっては筋繊維の修復ですよね。
この働きをスムーズにすることにより、激しい筋肉痛の緩和・疲労感軽減が期待できます。

 

 

 

 

「風邪予防にはかなり効く!」との声が多数あります。
ハードなトレーニング後は免疫も落ちますし、
多忙な人もこれで乗り切っている人も多いです。

 

 

コンディション維持には絶大な効果を発揮してくれます。
今までグルタミンを摂ってこなかった方は効果を感じやすいと思いますよ。

 

 

他にも腸の働きをサポートしたり、アルコール代謝などの効果がありますが、
ここでは筋肉に関することのみ記述しました。
それ以外の効能は、筋トレや筋肉には直接関係ありませんので、省略しますね。

 

 

ただ、この3つの効果だけでも、
摂取するのとしないとで、差が出てくるのが分かります。
可能な限り、継続摂取したいものですね。

 

 

摂取タイミング。

 

一番重要タイミングは「トレーニング前後」です。
激しいトレーニングにより、体内のグルタミン濃度は高速で失われていきます。
不足分は筋肉で補ってしまうので、それを防ぎましょう。
プロテインやサプリメントでの摂取が望ましいです。
また、回復作用が強いので、トレーニング後にも忘れず摂取してほしいです。

 

 

次に就寝時です。
就寝時は一番栄養を体が欲する時です。
特に筋トレをした時はアナボリックな状態を作りやすいですから、
吸収されやすくなっています。
この時に送り込むことで、体の回復速度を速めたり、
翌日の筋肉痛緩和に繋げることが可能です。

 

 

最後に起床時です。
栄養が不足している時で、特に「筋トレ翌日の朝」には摂取してほしいですね。
このタイミングで翌日のカタボリックも防ぐことが可能です。
胃腸が空っぽですので、吸収もされやすいです。

 

 

毎日というよりは、トレーニング後〜その翌日。
また、風邪っぽいな、疲れたな、って時に飲むのが良いですよ。
本当に適切に摂取すれば、風邪予防・疲労蓄積予防になります。
摂っていない人ほど、効果を実感できると思います。

 

 

適正な摂取量

 

グルタミン摂取量ですが、5g前後が摂取目安量です。
ですが、トレーニングをする日は消費も激しいですから、
トレーニング前後合わせて10〜15gは摂ってもいいのではないでしょうか。

 

 

私はトレーニング前5g、トレーニング後10gを摂るようにしていました。
カタボリックは絶対嫌な人なので。(笑)
また、週3回以上のトレーニングをしたいので、なるべくそれまでに回復するよう、
トレーニング日は推奨摂取量を超えて飲みます。

 

 

もちろん、非常に安全なアミノ酸ですから多めに摂っても心配いりません。
ただ、もちろん摂り過ぎはなんでもよくないので、
摂っても20gまでで足りるとは思います。そこは調整して下さいね。

 

 

バルクスポーツグルタミン・グリコグルタミンパウダー

 

グルタミンはプロテイン・サプリメントで摂るのが望ましいと思います。
特にトレーニング前後で摂る為には、食事は大変です。
手軽に・さっと摂れるもので補ってしまいましょう。

 


バルクスポーツ グルタミン 500g

 

(一食5g)

  • 内容量500g
  • 約100回分
  • グルタミン5000mg


グリコ グルタミンパウダー 200g

 

(一食5g)

  • 内容量200g
  • 約40回分
  • グルタミン5000mg

 

バルクスポーツのグルタミン、グリコグルタミンパウダーです。
どちらも一回分のグルタミン量は5,000mg。

 

 

コスト的には間違いなくバルクスポーツですね。
100回分の内容量でこの価格ですから、グリコのみならず、
他のメーカーの追随を許さないコストパフォーマンスです。

 

バルクスポーツですが、味の素を薄くした感じの味。
よくレビューでも見聞きしますが、本当にそんなイメージです。
美味しくないと言う方もいますが、私は対して気にならなかったです。

 

 

グリコは乳酸菌が1,000億個配合。
お腹の調子もしっかり整える、安定のパフォーマンス。
リピ買いも多い商品です。

 

 

何の飲料と混ぜればよいか?ですが、
これは本当に人それぞれの好みだと思いますね^^

 

 

プロテインか水でしょうが、私は水でした。
私の場合、自分の好きな飲料(例えばジュース)と一緒に飲むなどして、
その味を損ねたくない人です。
だから美味しくなくても、水で飲みます。
そして、すぐにプロテインを流し込みます。

 

 

どちらかというとグリコの方が味に関してはクセはないと思います。無味に近い。
バルクスポーツは少し癖があります。
と言っても効き目はもちろんばっちりあります。
様々なところでの高評価が、それを物語ってます。

 

 

  • 本当に風邪をひかなくなった。
  • 筋肉痛が緩和した。
  • 筋トレ翌日のだるさがなくなった。
  • 怪我した時の支え。

 

何といっても、疲労感・風邪予防に対する声が多い。
グルタミンを摂取していなかった人には、すぐに実感できる効果なんでしょうね。

 

 

私も体型的に(関係ない?)無理をすると風邪をひきやすいです。
仕事から帰った時に、すぐに悪寒が起こります。(笑)
それでも 長く寝れない時は、就寝前グルタミンを5gグイッと飲んでしまいます。
翌朝は何事もなかったかのように元気です。

 

 

私も摂っている時・摂っていない時に実感したのは、
やはり筋肉疲労・風邪予防でしたね。

 

コンディションを整えるのにはピッタリの成分ですよ!

 

 

 

【話題の記事】





スポンサーリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


筋トレの最重要栄養素、「たんぱく質」「炭水化物」の効率的なとり方!

食後の男性。 筋肥大を目指す方に、筋トレを無駄にしない栄養のとり方の紹介です!「たんぱく質」「炭水化物」の効果やとるタイミングなどを解説しています。

≫続きを読む

3種類のプロテインの効果・特長・デメリットについて!

プロテインを飲む男性。 ホエイ・ガゼイン・ソイプロテインについて、特長・効果・デメリットをまとめています。おススメのプロテインの種類も解説!

≫続きを読む

筋肥大の為に、増量期と減量期を設定!食事による長期肉体改造実践!

マッチョと太った人。 筋肥大を実現する為に、カロリーコントロールによる増量期・減量期の設定の仕方を解説しています!筋トレ効果を最大限高める食事法です。痩せ型の方には特におススメ!

≫続きを読む

消費カロリー(基礎代謝量)を計算し、筋トレ効率を飛躍的に上げよう!

食べ物と電卓。 消費カロリーを計算して、自分の目指す体型に適した摂取カロリーを摂ろう!計算方法を解説しています。

≫続きを読む

バルクアップを実現する、食事タイミング・回数・食材の解説!

筋トレしている男性。 バルクアップしたい方へ、「ご飯の具体的な食べ方」を筆者成功体験をもとに解説!

≫続きを読む

【私目線】筋肥大のおすすめプロテイン(ホエイ・ガゼイン)。

プロテインを作る男性。 プロテインで迷ったらこのページ!大手で信頼あるおすすめプロテインを「私目線」で紹介!

≫続きを読む

筋トレと脂肪と脂質の関係性を知りたいか!?脂質との付き合い方とは。

太っている人、筋肉質な人のイラスト。 筋トレをしている方に、脂質との付き合い方を教えます!おすすめの脂質、オメガ3脂肪酸・共役リノール酸についても解説!

≫続きを読む

BCAA摂取で「今すぐ」筋肉分解を防ごう。私が大好きなアミノ酸。

BCAA英語表記。 必須アミノ酸のBCAA。トレーニング効果を最大限発揮する為のエンジン役です!効果・摂取量・タイミング・プロテインとの違いを解説!

≫続きを読む

筋肉をつけたい?HMBで効率的に筋肥大。成分効果・摂取方法とは?

サプリメントを持つ男性。 近年の話題の成分、HMB。具体的な、摂取タイミング・量・効果とは?効率的に摂る為に、「バルクスポーツHMBタブレット・パウダー」もおススメしています。

≫続きを読む

筋トレ強度向上。クレアチンの効果からローディング法まで徹底解説。

クレアチンテキスト。 クレアチンはトレーニングパフォーマンスを上げる成分!効果・摂取方法を具体的に解説しています!

≫続きを読む

DCCディープチェンジクレアチンは効果なし?私、使ってます。

筆者おススメのDCCディープチェンジクレアチンを徹底レビュー。評価や効果も解説。筋肥大したい・停滞期・重量を伸ばしたい・脂肪燃焼したい。願望を「手助け」するオールインワンサプリです!

≫続きを読む

最高の抗カタボリック効果、「HMBビルドマッスル」のすすめ。

HMBビルドマッスルで最速で筋肥大を目指しましょう!効果や成分を徹底レビュー。脂肪燃焼・重量停滞など、悩みを吹き飛ばすオールインワンサプリです。

≫続きを読む

グルタミンの効果を体感せよ!抗カタボリックにもなる重要アミノ酸。

グルタミンテキスト。 筋トレする人にとって、グルタミンは重要なアミノ酸!効果・特長・摂取方法など、幅広く解説。

≫続きを読む

ゴールドスタンダードプロテイン最安値は?効果・感想を公開!

ゴールドスタンダード全体 オプティマム ゴールドスタンダード プロテインを徹底解説している記事です。

≫続きを読む