このページの先頭へ

腕を太くするには、上腕三頭筋・二頭筋・前腕を効率的に鍛えることが大切!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

二の腕・前腕を太くする、厳選した筋トレ種目一覧!

 

腕の筋肥大を実現する、最強の筋トレメニューはこれだ!

腕の筋肉。

 

腕の筋肥大を実現するトレーニングは以下の通りです。

 

 

この中で2~3メイン種目を選び、実践しましょう。
筋肉に異なる刺激を与えたい時に、メイン以外のメニューを実践します。

 

腕は基本、上腕三頭筋を中心にトレーニングしましょう。
上腕二頭筋は体力があれば出来るだけ取り組む、くらいの気持ちで大丈夫です。
前腕は、時間がある時と、体力的に余裕がある時で十分だと思います。

 

上腕二頭筋・前腕は、基本的に大きい筋肉を鍛える時に一緒に鍛えられています。
バーベルトレーニングやダンベルトレーニングだと、自然と使われている筋肉なんですね。

 

私は補助種目として取り入れていますが、それでも自然と筋肥大しました。

 

それ以外の筋トレでも、バーベルなどを握る行為は多いと感じませんか?
力強く握ることになるので、自然と太くなっていくことが多いですよ。

 

ただ自重トレーニング中心の方は、
この部分の筋肥大は少ないので、ダンベルを用意して実践するのが良いと思います。

 

 

筆者目線!加圧シャツNo.1の効果は伊達じゃない。【金剛筋シャツ】


加圧シャツ市場No.1の金剛筋シャツを、筆者目線で徹底評価。筋トレライフに+αを。


by 365日後の理想の体

 

【効率No.1プロテイン】ビルドメイク24で筋肥大が加速。


「HMB+ホエイ+ソイ」ミックスプロテイン。次世代型ハイブリットプロテインで、筋肥大が加速できる!


by 365日後の理想の体

 

 

腕を太くする、最速の方法は上腕三頭筋を鍛えること!

 

上腕三頭筋は腕の後ろ・腕の横を太くする筋肉です。
腕の太さに一番影響がある部分ですね。
鍛えている人は何もしなくても浮き出ている人もいます。
筋トレしていない人でも、腕を伸ばすと出てくる筋肉です。

 

 

上腕二頭筋を中心に鍛えていたり、前腕を鍛えていたりする人もいますが、
腕を素早く太くするには、「上腕三頭筋」を鍛えることです。

 

 

上腕二頭筋、前腕は補助種目として取り入れると効果的です。
間違っても、上腕三頭筋を補助種目にし、
上腕二頭筋をメイン種目にはしないで下さいね。
筋肉の大きさは圧倒的に三頭筋の方が上です。

 

 

この筋肉は非常に肥大しやすく、か細かった私の腕はどんどん太くなりました。
細い人でも十分太くなるんですよ!

 

 

どんどん太くなる自分の腕を楽しみながら、
トレーニングに励んでほしいと思います。

 

 

上腕二頭筋は太ければ太いほど格好良い!

 

上腕二頭筋は、いわゆる力こぶと呼ばれる部位です。
前述の三頭筋より、この筋肉に憧れを持つ男性が多いのではないでしょうか?
腕を曲げると浮き出てきます。
鍛えあげると、曲げていなくても出ているのが分かってきます。

 

 

なぜこの筋肉に憧れを持つのか?というのは、
この筋肉はボディビルのポーズにも使用されていますし、
漫画などにも「浮き出た状態」が描かれていることが多いですよね。

 

 

「太さ」は三頭筋ですが、「目立つ」のはこの上腕二頭筋なんです。
あなたも肥大した二頭筋を見てどう思うでしょうか?

 

 

「格好良い」「男らしい」「強そう」

 

 

私はこのように思ってました。いや、今でも思っています(笑)。

 

 

この筋肉も肥大しやすく、筋トレの効果を実感できる部位の一つですね。

 

 

特に毎回追い込まなくても、筋トレをしていれば自然と肥大してくると思いますが、
時間・体力的に余裕があればメニューに取り入れることをお勧めします。

 

 

ダンベルカール・バーベルカールでどんどん肥大していきます。
あたなには、ぜひ自分の二頭筋の成長を楽しみながら
トレーニングしてほしいと思います。

 

 

前腕トレーニングはあくまでも補助でいい!

 

前腕部は細かい筋肉の集合体です。
「主に肘から下」の部位を示します。

 

 

多くの筋肉で構成されていますが、
リストカールやリバースリストカールの実践、
そして握力を鍛えることで、筋肥大は全体的に加速していきます。

 

 

上記にもありましたが、前腕はメイン種目を設定というより、
本当に自然と太くなっていく筋肉です。

 

 

ただ、持久力に特化した筋肉の集まりと言われており、
太くなるのは時間がかかるのも事実です。

 

 

もし、この部分に思い入れがあったり(笑)、理想があるのであれば
補助とは言わず、メイン種目として取り入れましょう。

 

 

この部位は筋肉の回復が早く、比較的短い休みをとると回復します。
ですので、週3~4回の筋トレでも十分効果が得られます。
他の部位はあくまでも超回復理論を使いましょう。




スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


最速で男らしい腕を手に入れる、メニュー一覧

上腕二頭筋にはアームカール!ダンベル・バーベルの「正しいやり方」。

アームカールをしている男性。 上腕二頭筋を最速で肥大させるのが、アームカール!フォーム・注意点・効果をまとめています。やり方は簡単ですよ!

≫続きを読む

トライセプスエクステンション!上腕三頭筋を最速で肥大させる鍛え方!

トライセプスエクステンションをする男性。 上腕三頭筋の最強の鍛え方は、「トライセプスエクステンション」で決まり!ダンベル・バーベルの正しいフォーム・注意点・効果を解説(短い動画も紹介)!

≫続きを読む

手首強化!リストカールで前腕の筋肥大を加速させよう!

リストカールをする人。 リストカール・リバースリストカールはダンベル・バーベルで実践できる、前腕強化のトレーニング種目です。フォーム・効果・注意点をまとめています(短い動画も紹介)。

≫続きを読む

上腕三頭筋を鍛える、トライセプス・プレスダウンのフォームと効果!

トライセプス・プレスダウンをする男性。 ケーブルマシン・ラットマシンで実践する、トライセプス・プレスダウン(トライセプス・プッシュダウンとも言います)のやり方!効果・注意点もまとめています(短い動画も紹介)。上腕三頭筋を効率よく鍛えよう!

≫続きを読む

上腕筋に効く、ハンマーカールのやり方!上腕二頭筋とは違う筋肉だ!

ハンマーカールをする男性。 上腕筋を鍛えるハンマーカールのフォーム・効果・ポイントをまとめています(短い動画も紹介)!

≫続きを読む

ナローベンチプレスのやり方!大胸筋だけじゃなく、上腕三頭筋も鍛えよう。

ナローグリップ・ベンチプレスをする男性。 ナローベンチプレスは上腕三頭筋の筋肥大を実現させる、高負荷トレーニング!フォーム・効果・注意点を解説(短い動画も紹介)!

≫続きを読む

でかい力こぶを作る為、上腕二頭筋・上腕筋を知ろう。鍛え方も解説!

ダンベルトレーニングしている男性。 上腕二頭筋・上腕筋についての解説です!具体的な鍛え方・種目・構造・役割を解説しています!

≫続きを読む

太い腕にする為に、上腕三頭筋を知ろう。効率的な具体的鍛え方も解説!

ダンベルを持つビジネスマン。 上腕三頭筋を知り、もっとトレーニングを効率よく実践しましょう!具体的種目・鍛え方も解説しています!

≫続きを読む

プリチャーカールのやり方。筆者実践のコツも合わせて解説!

プリチャーカール。 プリチャーカールのフォーム・やり方・筆者実践のコツを解説。「反動をあえて使うんです。」

≫続きを読む