このページの先頭へ

腕の筋トレで大切な、上腕二頭筋・上腕筋。構造・役割・鍛え方・種目を解説。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

上腕二頭筋・上腕筋を知ろう。鍛え方も解説!

 

上腕二頭筋と上腕筋とは?

ダンベルトレーニングしている男性。

 

 


上腕二頭筋と上腕筋は同じ位置にありますが、異なる筋肉です。
上腕部の内側にある筋肉で、いわゆるちからこぶの部分ですね。

 

 

【上腕二頭筋】
上腕二頭筋は、肘を曲げる・伸ばす動作に関わっている筋肉です。
収縮させると、盛り上がります。
手のひらを顔に向けて肘を曲げた時、上腕二頭筋が大きくなっているのです。

 

 

長頭、短頭と筋肉が分かれている為、「二頭筋」いいます。
分かれていますが、大胸筋三角筋と違い、
1つの種目で十分な筋肥大を実現できますので、ご安心を。

 

 

【上腕筋】
上腕筋は、上腕二頭筋の下にある筋肉で知名度は低いです。
こちらは親指を顔に向けて肘を曲げた時、盛り上がります。
同じ場所にありますが、性質が少し異なるんですね。
インナーマッスルになりますので、日の目を見ることはありません。

 

 

しかし、力こぶのピークを作る上で重要な筋肉です。
弱いと感じている方は、しっかり鍛えていきましょう。

 

 

「力こぶは、上記2つの筋肉が重なって、全体的な大きさが決まるんです。」

 

 

同じ部位にあるが、性質は異なる。
上腕二頭筋人体図。。

 

 

余談ですけど、力こぶって、なんか筋肉の象徴的なとこありませんか?
私だけですかね(笑)。
漫画やアニメでこの筋肉を目立たせることが多いですし、
腕でもついつい目に入る筋肉です。

 

 

腕を太くするのはもちろんですが、この部分が盛り上がっていると、
男らしい腕になります。
中学生の頃は何も分からず、ここだけ鍛えてた記憶があります。
恥ずかしいですね。

 

 

上腕二頭筋・上腕筋はピンポイントで!

 

スポンサーリンク

 

 

上記の通り、二つの筋肉は性質が異なります。
どちらも発達させるには、その筋肉に効くトレーニング手法を実践しましょう。
ピンポイントで鍛えることで、筋肥大の速度が速まります。

 

 

フリーウエイトトレーニングを中心に実践する場合は、
重たいバーベル・ダンベルを持つので自然と肥大しやすいです。

 

 

ただ、もちろん時間がかかりますし、
肥大度も限界がありますね。

 

 

この筋肉に力を注ぐのであれば、トレーニングする時は必ずメニューに含めましょう。

 

 

【効率No.1プロテイン】ビルドメイク24で筋肥大が加速。


「HMB+ホエイ+ソイ」ミックスプロテイン。次世代型ハイブリットプロテインで、筋肥大が加速できる!


by 365日後の理想の体

 

 

具体的なトレーニングメニュー

 

しっかり高負荷で鍛えることが不可欠です。
軽い重量で高回数を実践しても、筋肥大には適しません。
ただ、回数は「6~12Reps」の範囲内で行って下さい。
⇒筋肥大に最も適した重量設定とは。。

 

 

上腕二頭筋を鍛えるメニューの代表は、アームカール(ダンベル・バーベル)です。
むしろ、これで十分と言えます。
重さは限界まで設定できますし、ダンベルさえあれば自宅でも出来ますね。

 

 

上腕筋はハンマーカールです。こちらも、これで十分です。
ハンマーカールは性質上、ダンベルのみで行います。

 

 

具体的なトレーニングのやり方

 

筋トレは大きい筋肉→小さい筋肉で鍛えることが原則です。
上腕の筋肉は小さい方ですので、最後の方に実践しましょう。

 

 

また、腕はどんなトレーニングでも補助的に使用しますね。
大きい筋肉を鍛えるとなると、ダイナミックな種目を実践しますので、
この時に既に弱っていると全力が出せません。
全てのトレーニングに全力を出す為、必ず最後の方に実践しましょう。

 

 

おススメは大きい筋肉や三頭筋・肩→二頭筋・前腕の順です。
もちろん、あくまでも参考ですが、
出来るだけ大きい筋肉の筋トレに支障を出さないで下さいね。
⇒筋トレの、部位別順番の詳しい解説。

 

 

上腕三頭筋とのバランスを考えよう。

 

上腕三頭筋は、二頭筋とは逆側に位置する筋肉です。
腕の太さだけ考えれば、こちらの筋肉の方が重要ですよ。

 

 

力こぶへの憧れは強いですが、ここだけ鍛えてしまうと、
見た目非常にバランスが悪くなってしまいます。

 

 

筋肥大はしているけど、バランスが悪いっていうのは一番格好悪いことです。
一目で分かってしまいますからね。

 

 

筋肉の大きさ・太さ共にに三頭筋の方が影響があるのです。
しっかり覚えておき、トレーニングの参考にして下さい。

 

 

また余談ですが、私は逆に三頭筋のみを鍛え、
二頭筋がなんともかわいそうな形でした。
自然と肥大するとは思っていましたが、
やはりピンポイントで鍛えている三頭筋と比べると、劣ってしまったのです。

 

 

腕だけではなく、どんな筋肉でもバランスが大切です。
憧れが強過ぎる上、
やりたいトレーニングだけやってしまうと悲惨な結果が待っています。

 

 

【管理人意見】上腕二頭筋の長さを知ろう。

 

上腕二頭筋の長さを知ることは、トレーニングの質を上げると同義です。

 

 

自分の上腕二頭筋は長いのか?短いのか?
これはジムに行って、他の方と比較してみる事です。
また、腕が長い人は筋肉が長いことが多いですね。

 

 

長さがなんとなく分かったら、取り入れて欲しい技術があります。

 

 

【上腕二頭筋が長い場合】
二頭筋が長い場合は、アームカールなどのフィニッシュポイントで、
「手首を捻らない」ことを意識して下さい。
手の平を上へ向けるようにフィニッシュ。これで、長い方には効きます。

 

【短い場合】
二頭筋が短い場合は、フィニッシュポイントで手首を体側に捻って下さい。
手の甲を上に向けるイメージです。
これで短い方には効いてくるはずです。

 

 

どちらも筋肉を収縮させる技術です。
長い人と短い人とでは、少しばかり技術が異なるんですね。

 

 

どちらも試してみて、疲労感や筋肉痛が増えた場合は、
どちらかを継続してみることが大切です。

 

ちなみに私は長いので、手首はひねらず実践していますよ。参考までに。

 

 

 

【話題の記事】




スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


上腕二頭筋にはアームカール!ダンベル・バーベルの「正しいやり方」。

アームカールをしている男性。 上腕二頭筋を最速で肥大させるのが、アームカール!フォーム・注意点・効果をまとめています。やり方は簡単ですよ!

≫続きを読む

トライセプスエクステンション!上腕三頭筋を最速で肥大させる鍛え方!

トライセプスエクステンションをする男性。 上腕三頭筋の最強の鍛え方は、「トライセプスエクステンション」で決まり!ダンベル・バーベルの正しいフォーム・注意点・効果を解説(短い動画も紹介)!

≫続きを読む

手首強化!リストカールで前腕の筋肥大を加速させよう!

リストカールをする人。 リストカール・リバースリストカールはダンベル・バーベルで実践できる、前腕強化のトレーニング種目です。フォーム・効果・注意点をまとめています(短い動画も紹介)。

≫続きを読む

上腕三頭筋を鍛える、トライセプス・プレスダウンのフォームと効果!

トライセプス・プレスダウンをする男性。 ケーブルマシン・ラットマシンで実践する、トライセプス・プレスダウン(トライセプス・プッシュダウンとも言います)のやり方!効果・注意点もまとめています(短い動画も紹介)。上腕三頭筋を効率よく鍛えよう!

≫続きを読む

上腕筋に効く、ハンマーカールのやり方!上腕二頭筋とは違う筋肉だ!

ハンマーカールをする男性。 上腕筋を鍛えるハンマーカールのフォーム・効果・ポイントをまとめています(短い動画も紹介)!

≫続きを読む

ナローベンチプレスのやり方!大胸筋だけじゃなく、上腕三頭筋も鍛えよう。

ナローグリップ・ベンチプレスをする男性。 ナローベンチプレスは上腕三頭筋の筋肥大を実現させる、高負荷トレーニング!フォーム・効果・注意点を解説(短い動画も紹介)!

≫続きを読む

でかい力こぶを作る為、上腕二頭筋・上腕筋を知ろう。鍛え方も解説!

ダンベルトレーニングしている男性。 上腕二頭筋・上腕筋についての解説です!具体的な鍛え方・種目・構造・役割を解説しています!

≫続きを読む

太い腕にする為に、上腕三頭筋を知ろう。効率的な具体的鍛え方も解説!

ダンベルを持つビジネスマン。 上腕三頭筋を知り、もっとトレーニングを効率よく実践しましょう!具体的種目・鍛え方も解説しています!

≫続きを読む

プリチャーカールのやり方。筆者実践のコツも合わせて解説!

プリチャーカール。 プリチャーカールのフォーム・やり方・筆者実践のコツを解説。「反動をあえて使うんです。」

≫続きを読む